須田一のブログ

ブログ続くかな?

「メイド・イン・トウキョウ」が世界を席巻…東京の製造業が衰退しない理由(ビジネス・ジャーナルより)

皆さま、こんにちは。

 

大企業では昭和型(終身)雇用の崩壊が囁かれる昨今、

小生の様な中小・零細企業は生きて行くために

日々努力をしている事を「下町ロケット」になぞって記事にしてある。

biz-journal.jp

 

どうして東京の製造業が無くならないかは、

昔から言われているが、

「モノが揃う」事です。

 

東京23区内には、各種、素材・部品商社が集中し、

供給メーカーに影響力を持っているので、

ネットワークがインターネット時代前から発達していて、

エンドユーザーの要求を迅速に対応出来る能力がある。

それと忘れてならない事は、

昭和の高度経済成長期から連綿と引き継がれた知識は、

「製造業とは何ぞや」という、

共通認識が各社で持ち合わせている事も大きいところ。

「餅屋は餅屋」と云う諺があるように、

その道の専門が23区内には点々と残っていて、

ネットワークが繋ぎ合わせているからこそ、

「メイド・イン・トウキョウ」が存在する事になる。

 

記事にも書いてあるが、

東京を含む各県に点在する企業城下町がしぶとく生きているうちに

次世代にこのシステムを引き継がなければ

本当の意味で日本の製造業は終焉を迎える事になるだろう。

 

では。

アディダスの3本線「独自性に欠け商標権無効」EU裁判所(NHK NEWS WEBより)

皆さま、こんにちは。

 

一目見れば「adidasの3本線」と誰もが思うマークに

意外な判決が出た(@_@)。

www3.nhk.or.jp

 

そういえば昔、

生花市場の専務さんが、

上記写真と同じ、アディダスのロゴ入りの野球帽を被っている社員に

「お前、そのJAの帽子はどこのJAのだ?」(JA=農協デス(笑))

って言っていたのを思い出しました(^m^)。

www.jakanagawa.gr.jp

 

いわれてみればEU裁判所の判断は、

意外と的を得ている。独自性がないと云えばないですネ^^。

 

それとも農協側の方がパクったのかな??(向きは逆ですが(笑))

 

では。

イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒(日刊ゲンダイDIGITALより)

皆さま、こんにちは。

 

昨夜(2019年6月18日午後10時22分頃)起きた

山形県南部沿岸から新潟県北部沿岸にかけて大きな地震で

被災された方々のご苦労を感じています。

雨が降る中、窓が割れ、屋根瓦が落ち、雨漏り等の辛い日常生活考えると

一日も早く日常を取り戻して頂きたいと切に願っております。

 

政府の対米貿易赤字削減の手段の一つに

陸上配備型迎撃ミサイルシステムの購入がありますが、

候補地のひとつでもある秋田県は、

昨日発生した大きな地震震源地の隣接県でもあります。

先日開かれた、ミサイルシステム候補地の地元住民説明会での

防衛省側の説明不備は既に報道で明らかになっていますが、

今回の地震で改めて津波対策も必要である事は

言うまでもありません。

www.nikkan-gendai.com

 

どんな感覚で候補地を選んでいるのかは分かりませんが、

想定されるリスクを、どの程度考慮しているかは

リスク管理の面からすれば大変重要なポイントです。

 

では、イージスアショアはいったい配備に幾らかかるのかな?

www.tokyo-np.co.jp

防衛省の言葉を信じて

2基4500億円÷2=2250億円(1基あたり)で

津波に襲われた際は、全てとはいかなくても

半分は損失が確定しそうです。

その上、再運用にかかる金額も考えると

丸々1基分の追加費用がかかってもおかしくない。

 

このイージスアショア配備が本当に有効かも含めて

考えを見直す機会を得たと、

今回の大きな地震で改めて思いました。

 

では。

中国 習近平国家主席 20日から北朝鮮公式訪問へ 新華社通信(NHK NEWS WEBより)

皆さま、おはようございます。

 

小生の当初の見立て(随分前ですから(笑))とは、

取り巻く状況も変化した事もあり、

このタイミングでの習近平国家主席訪朝となったようです。

 

www3.nhk.or.jp

 

両国の「思惑一致の産物」と言って片づける事も出来るが、

裏では「日本・韓国外し」が着々と進行している印象。

 

今回の訪朝でどんな成果があるかは見てみないとならないが、

日朝関係が改善する糸口も見つからない中、

日本にとって北朝鮮が、どんどん遠い存在になって行く。

アメリカは外交面では日韓を頼りに出来ず、

孤軍奮闘で東アジアで交渉する形となりそうです。

 

日本は、G20の開催国というだけで、

世界情勢(イランや北朝鮮、スーダン等)を安定化させる事が出来ずに

閉幕する可能性が高まったと現段階では言わざるを得ない状況です。

 

北のお坊ちゃまくんはやはり

トランプ大統領が言う様に「賢い人」という事だけはハッキリしている。

 

「出来が違う」って思われているかもよぉ~(笑)

 

では。

“ゲーム・チェンジャー”はあるのか(NHK NEWS WEB 中東解体新書より)

皆さま、こんにちは。

 

NHK国際部薮英季(テヘラン支局)記者の思い描いた(?)通り

最初から上手く行くはずもなく、

www3.nhk.or.jp

結局、イラン側の対米感情の表明に終わった。

www3.nhk.or.jp

 

日本の総理大臣も

行けば何とかなると思ったのだろうか??

それとも、いつもの国内向けアピール外交で

点数稼ぎをしようと思っただけなのだろうか??

 

最近よく、愚痴っぽく書いている自分にも嫌気が差すが、

全戦全敗の完全ノックアウトであり、

会談を行って日本にとってプラスになったと感じた事はありません(残念ですが)。

元々、外交に長けている印象を持っていないので淡々と見ているが、

戦略も策略もなく握手して(ゴルフしてメシ食って)少し話して終わる(そんな印象(笑))。

具体的に両国間で進展する事もない・・・。

 

内閣支持率が下がらないのが、今の日本らしいところなのか??

「平和ボケ」もここまで来ると筋金入りである。

 

では。

 

-追伸-

今年の年頭所感をリンクします。

www.kantei.go.jp

恥ずかしくない様にしてほしいものです。

この日、大臣は何を? “大臣日程表”を見比べて(NHK NEWS WEB News Upより)

皆さま、こんにちは。

 

大臣の日程表は、即日廃棄されているのですネ(@_@;)。

 

”公人”と云われ、大臣ともなれば当然日程表も作成される。

 今回公表された日程表には、多くの空欄や、黒塗り部分が散見されているそうです。

www3.nhk.or.jp

 

各省庁の書式(テンプレート)も記述の仕方も違うのですネ(@_@;)!

(即日廃棄ですから管理する事もないし見返す事もない・・・、ホント”ざる”ですネ(笑))

黒塗りにする基準は役人が決めるのかな??それとも大臣自身が決めるのかな?

記述されている文言を書いた人も、日程表に書かないといけないと思ったから

記入しているはずなので、それだけ重要な項目かもしれません。

 

けど記事の最後に、

大臣の「政務」に関する記述が各省庁ともほとんど記載されていないとなると、

本当に大臣の仕事しているの??って思ってしまうのは、

へそ曲がりの発想だろうか^^。

 

では。

ボリス・ジョンソン氏はBrexit支持派をまとめられるか?(BBCより)

皆さま、こんにちは。

 

英保守党党首選には10人もの保守党議員(閣僚経験者たち)が立候補した。

そんな中、米トランプ大統領も好感を抱いている人物で、

離脱強硬派の急先鋒でもある「ボリス・ジョンソン」前外相が

正式に保守党党首選立候補表明と記者会見を開いた。

 

BBC政治エディタ、Laura Kuenssberg記者は

いざという時に着用する「赤」色のジャケットを着て

その記者会見に臨み、前置きの長い事をジョンソン氏に突っ込まれながら質問をした。

www.bbc.com

 

ドイツ・ARDでもこの記者会見を取り上げ、

ボリス・ジョンソン氏とクエンズバーグ記者とのやり取りを報道。

 

今回の両者のやり取りで分かった事は、

① ボリス・ジョンソン氏は有能かもしれないが「けむに巻く」タイプ。

② その有能さゆえ、テリーザ・メイ氏同様、強行突破出来ないかも?!

③ 完全に内部分裂している保守党そして英国民をまとめられないくらいこの問題は

  拗れてしまった事。

である。

 

今回の党首選では、

どの候補も10月31日の離脱期限までに離脱をする事を明言している。

www.bbc.com

 

党首選を経て選出された新党首(=新首相)が

離脱期限までに本当に離脱出来るのか??

だれも予測がつかない道のりの号砲だけは鳴ったようである。

 

では。